コードブルー 緋山の事故は何話?傷跡の謎の正体とは?

コードブルー 緋山の事故は何話?傷跡の謎の正体とは?

コードブルーで、緋山先生の事後は何話で起きたのか?胸の傷が謎だ!あれの正体は・・・と言う声が上がっています。

今回は「コードブルー 緋山の事故は何話?傷跡の謎の正体とは?」についてご紹介していきます。

 

コードブルー 緋山の事故は何話?これです!

緋山先生の事故を描いたのは、1シーズンでも、2シーズンでもありません。

スペシャルで、放送されています。

「事故にあうシーン」

緋山が事故にあったのは、Season1最終話の1週間後からを描いたスペシャルになります。このスペシャル版は2009年1月10日に新春スペシャルとして放送されていました。

 

コードブルー 緋山の事故は何話?傷跡の謎の正体とは?【シーン動画】

 

コードブルー 緋山の事故は何話?傷跡の謎の正体とは?【口コミ・感想】

また昨日のコード・ブルーみてるんだけどw
緋山の胸の傷残ったまんまだし、7年前は緋山は傷をずっと隠してたけどもう隠してないってのがまた…。+゚(゚⊃ω⊂゚)゚+。

黒田先生、緋山の胸の傷、藤川と冴島
このあたりの描き方に震えた

緋山先生だってあの電車脱線事故の救護中に心破裂をおって苦しんでたけど、傷は残ってしまうけど今こうやって進んでる

コードブルー、改めて観ると、藍沢の行動が緋山の心の傷を癒すキッカケになっていたんだ、とか、間接的な行動の真意に気づける♪

①コードブルー2第9話(心の傷)のエピソード→両手に麻痺が残り化粧が思うように出来ない患者を藍沢が(化粧を)手伝う脚本だった→女性スタッフから藍沢が化粧を手伝うのはちょっと微妙では?という言葉を受けて、藍沢が緋山に化粧を頼むのはどうだろう?と考え直しました。それなら必然的に→

 

コードブルー 緋山事故は何話?傷跡の謎の正体とは?についてでした。